Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
金 地金 ゴールド投資の世界TOP ≫  金の購入方法 ≫  金地金インゴットの「種類」

金地金インゴットの「種類」

スポンサードリンク

下の画像は三菱マテリアル、田中貴金属、5グラム、10グラム金地金バー。楽天市場で販売されている、サイトの飾りつけです。
  
 
 


金地金、インゴットバーと呼ばれる物の種類について説明します。2010/4/22

2012年3月8日追記
金地金 「ゴールドバー」 インゴットバーについてで、金地金、インゴットバーについて書きました。今後はこちらをご覧頂けばと思います。
追記ここまで

金地金、5グラムから販売

金地金小売り大手の田中貴金属さんや三菱マテリアルさんでは、

最低5グラムの金地金から販売しています。

現在の市場小売価格にして本日グラム3,625円で計算すると、

製造コストやらを含めて約2万数千円だと思います。

5グラムといってもちゃんと刻印が入っています。

刻印がない金地金は基本的に偽物かもしれないと疑った方がいいでしょう。

刻印は品質を保証する信頼の証です。

三菱マテリアルさんの5グラム金地金は、約縦23.5×横14.0×厚1.2mmです。

田中貴金属さんの5グラム金地金は、縦20×横12.5×厚1.5mmとなっています。

メーカーによって若干サイズが違うので、統一規格はないのかもしれません。

三菱マテリアルさんの金地金には、

「金塊番号」 商品管理上の連続ナンバー、

「商標」 金地金を製錬した業者の登録マーク。

「重量表示」 金地金の重量をグラム表示したもの。

「素材表示」 FINE GOLD(純度の高い金)、すなわち純金のこと。

「製錬・分析者マーク」 「MELTER」は製錬業者、「ASSAYER」は検定分析業者。

「品位表示 」品位すなわち純度。999.9とは、純度99.99%のこと。

といったものが刻印されています。

これも各メーカーによって若干違いがあります。

私が以前拝見させて頂いた他メーカーの1000グラムの金地金は、

もう少し簡素だったように思えます。

ただ、どの金地金にも商標(マーク)純度、重量、製造番号は刻印されていたと思います。

通常という言い方は変ですが、一般的に金地金というと、

1000キログラム、すなわち1キログラムの金インゴッロバーを指すと思います。

昔は5グラム、10グラムといったものはなかったのではないでしょうか。

実際の金地金画像種類

こちらが三菱マテリアルさんが販売している金地金の種類画像です。

こちらは田中貴金属産が販売している金地金の種類画像です。

こちらは田中貴金属さんが販売しているプラチナ地金の種類画像です。

金も相当な価値ですが、その上をいくのがプラチナ、白金です。

プラチナ地金をもっている方は、かなりの方ではないでしょうか。

画像じゃ小さく見えますが、実際に持つとずっしりとした重みがあります。

金は比重が大きいので、実際の見た目よりも重さを実感できると思います。

そこが魅力の一つでもあると思います。



こちらはライター全くのイミテーションですが、結構よくできていると思います。

実際はもう少し平べったいというか、ここまでの厚みはありません。

資産目的なら地金タイプ

基本的に金は、金そのものに価値があるので、

指輪やネックレスでも価値がないということではありませんが、

資産目的、将来換金する可能性がある場合は、やはり地金が圧倒的有利でしょう。

それもできるだけ大きい地金が良いと思います。

資産目的で購入するなら絶対に地金タイプにするべきです。

購入などを検討されており、実物を見てみたい場合は、

田中貴金属さんや三菱マテリアルさんの支店に出向き、

見せてほしいといえば見せてくれると思います。

金地金は普通の宝飾店ではなかなか取り扱ってないと思います。

両社とも通信販売も取り扱っていたと思います。

5グラム10グラムなら手にできない価格ではないので、

小分け販売は、やっぱり嬉しいものです。

【カテゴリ:金の購入方法の最新記事】
おすすめ記事と過去ログ一覧

Copyright (C) 金 地金 ゴールド投資の世界. All Rights Reserved.